果歩ちゃんとのLINE通話は、まさにジュエルライブの興奮を、追体験させてくれるものになっていきました。
とってもエッチな気分だった女子大生は、快くLINE交換に応じてくれ、エッチな話に花が咲いていきました。
「もしかして、オマンコ濡れてる?」
「…うん…」
「エッチなんだね」
「ムラムラが止まらなくて…」
「どんなパンツ履いてる?」
「今日は白地にピンクのハート」
こんな感じでやりとりをしていく、僕の股間は激しく勃起でした。
彼女にオマンコを触るように指示を出しました。
素直に「はい」と答え、オナニーを開始してくれました。
女子大生とのオナ電に、体中の血液がものすごい勢いで全身を駆け抜けていく感じです。
次第に果歩ちゃんは、声を激しくしていきました。
「触っているところ見られたら、どんななっちゃう?」
「はっはっ、ああっ…そんな…ああっ、変に…なるよ」
全く嫌がっている声のトーンではありませんでした。

果歩ちゃん、もう少したてば、カメラも入れてくれるのは間違いがありません。
慎重にエロいオナ指示を出し続けました。
快楽に悶え狂う果歩ちゃんに、ムラムラは激しさを増す一方でした。
そろそろ出来上がってきた頃だと判断、オナ姿を見たいと伝えたのです。
そこからは、ライブチャットのように女の子のオナニーを見ることになりました。
白いスベスベな肌がとても印象的でした。
彼女のオマンコからは、果てしないぐらいのマン汁が溢れまくってきました。
指でオマンコを刺激しながら、見られる快楽に溺れているようです。
必死に指示を出し続け、彼女のアクメを待ち射精したのでした。

 

 出会い系サイトで知り合った女の子と、最初からビデオ通話で大興奮を味わえました。
見られ、指示出されて感じまくってくれた果歩ちゃん、オナニーの後のまったりタイムまで共有できました。

 

定番サイト登録無料
オナ友募集サイトBEST5
オナ見せを希望する女の子を見つけるなら